「手取川中流域総合調査」当面の日程について

「手取川中流域総合調査」当面の日程について

  白山山系の里山の雪は解け、熊も動き出す4月になりました。
  この春の日差しの中、私たちも野外調査に乗り出します。

◎4月の調査日程

  ・4月22日(土) 13:30~
   集合:上吉野地区相撲取りの石碑付近(13:00~13:30)
   内容:上吉野で聞き取り調査


  ・4月23日(日) 10:00~15:00「4月例会」
   集合:吉野工芸の里(アート&クラフト館)
   内容:成果発表、山の寺跡(祇陀寺跡)、仙雲峰の馬頭観音堂跡視察


◎5月の調査日程

  ・5月14日(日)~16日(火) ※詳細は下記連絡先まで
   調査予定:14日;摩崖仏波切不動尊石像の計測、図化の準備作業
          15日;同上計測、石造かたがり地蔵尊像計測、図化準備作業
          16日;石造かたがり地蔵尊像計測
              また、同じ場所にある石造地蔵尊像などの計測、図化

    5月13日(土)から計測準備に入ります。お手伝いしていただける方は、
   下記の宮本、唐川携帯まで連絡してください。

      ○連絡先
        ・宮本:090-8095-0857
        ・唐川:090-7085-2749


スポンサーサイト

石川考古学研究会 平成29年度4月例会のお知らせ

石川考古学研究会 平成29年度4月例会のお知らせ

 会員の皆様におかれましては、例会案内がお手元に届かずご迷惑をおかけしております。只今発送の手はずを整えておりますので、先行してブログにてご案内します。

 4月例会は、「手取川中流域総合調査現地成果発表と巡検」と題し、平成27年度から実施中の手取川中流域総合調査に関して、下記のとおりこれまでの成果発表と現地巡検(現地踏査)を実施いたします。

期  日:平成29年4月23日(日)10:00~15:00   
集合場所:白山市吉野工芸の里「アート&クラフト館」(白山市吉野春45  電話 076-255-5319)



当日スケジュール
10:00~11:00 吉野工芸の里「アート&クラフト館」にて成果発表                  
11:00~12:00 白山市史跡「山の寺跡(祗陀寺跡)」※1を巡検(車で10分)
                   (昼 食)
13:00~15:00 仙雲峰山稜で発見された馬頭観音堂跡※2を巡検(現地踏査)
            (工芸の里から徒歩40分 ※急斜面を歩きます。靴に留意。)

平成28年度発掘報告会「いしかわを掘る」の開催について ※終了しました

平成28年度発掘報告会「いしかわを掘る」の開催について
※終了しました

平成28年度に県内各地で実施された発掘調査から代表的な遺跡を取り上げ、一般向けの講座として、調査員が画像などを用いて最新の調査成果をわかりやすく紹介します。受講料無料・事前申込み不要で、誰でも気軽に聴講できます。

日時  平成29年3月5日(日) 午後1時~4時30分
会場  石川県立美術館ホール(金沢市出羽町2番1号 電話:076-231-7580)

 ※石川考古学研究会の3月例会です。奮ってご参加ください。

詳細は下記チラシを参照ください。
H28いしかわを掘るチラシ縮小

石川考古学研究会 今後の例会予定

石川考古学研究会 今後の例会予定

 下記のとおり予定しております。
 なお、4月中旬~下旬に「手取川中流域総合調査」に関連した現地例会を企画しています。

2月例会 富山考古学会・石川考古学研究会合同例会  ※終了しました
2月25日(土)  合同例会 13:20~16:40(定員70名、当日先着順)・懇 親 会 17:00~19:00(要事前申込)
会 場:石川県女性センター コンベンション室 (4階) 
金沢市三社町1-44 076(263)0115
金沢駅東口から徒歩10分 専用駐車場有り
参加費:300円程度(資料代等、当日徴収)  

3月例会 平成28年度 発掘報告会 「いしかわを掘る」 ※終了しました  
2016年度の締めくくりとして、年度内に石川県で調査された代表的な遺跡調査の報告会に参加します
3月5日(日) 13時00分~16時30分 
報告遺跡   八日市地方遺跡(小松市) 弓波遺跡(加賀市) 小川新遺跡(白山市)
         松波城・旧松波城庭園(能登町) 九谷磁器窯跡(加賀市)
         金沢城跡(鼠多門・鼠多門橋)(金沢市)
会場 石川県立美術館ホール 金沢市出羽町2-1 076(321)7580
主催 石川県教育委員会・(公財)石川県埋蔵文化財センター076(229)4477

第4回 富山考古学会・石川考古学研究会 合同例会のご案内 ※終了しました

第4回 富山考古学会・石川考古学研究会 合同例会のご案内
※終了しました

 先般からご案内している通り、富山考古学会との合同例会を下記チラシのとおり開催します。合同例会は会場に定員があるため先着順(資料代300円程度、当日徴収)、夜の懇親会は事前申し込みとなっております。

期日:平成29年2月25日(土)13時20分~16時40分、懇親会は17時~19時
会場:石川県女性センター 4階コンベンション室(下記チラシ地図を参照)

問い合わせ・申し込み先
石川考古学研究会事務局 
メール ishikouken@po6.nsk.ne.jp
FAX076-229-5528



合同例会案内01

合同例会案内02

石川県埋蔵文化財センター 第3回ホール展「古墳時代終末期の須恵器-北加賀の窯跡資料-」開催中です

石川県埋蔵文化財センター 第3回ホール展
「古墳時代終末期の須恵器-北加賀の窯跡資料-」開催中です


 石川県埋蔵文化財センターでは、本館ホールにて企画展「古墳時代終末期の須恵器-北加賀の窯跡資料-」を開催中です。

 昨年度報告書が刊行された遺跡の中から窯跡近隣で須恵器が出土した多田ツルガタン遺跡、最近の調査で窯跡が確認された加茂窯跡群など北加賀の須恵器生産を示す資料を展示します。類例の少ないこの時期の観法寺須恵器窯跡表採資料(金沢市教育委員会所蔵)も合わせて展示し、北加賀での須恵器生産の一端を照らします。

H28ホール展③-3


【展示1】 かほく市多田ツルガタン遺跡
  地方道改築事業・高松津幡線(河北縦断道路)工事に伴い2011(平成23)年に発掘調査が行われ、谷奥部を中心に古墳時代終末期の須恵器が出土しました。近隣にある須恵器窯からの流れ込みと見られ、北加賀地域で例の少ない時期の窯のあり方を示す資料です。また、調査区内では外周に溝を巡らす中世の総柱建物も確認でき、村落仏堂のようなものと考えられています。今回は須恵器各種、焼台など窯跡からの資料を展示します。  
H28ホール展③-1


【展示2】 津幡町加茂窯跡群
 地方道改築事業・高松津幡線(河北縦断道路)工事に伴い、2010~2012(平成22~24)年に行われた発掘調査で、丘陵斜面から7世紀前半頃の須恵器窯跡が2基見つかりました。窯体は流出や後世の削平などを受けていますが、残った部分の様子から使用頻度が低かったことがわかりました。今回の展示では唯一窯跡の様子がわかる遺跡です。須恵器の展示の他、窯跡の全景写真や須恵器出土状況などの写真も展示します。
H28ホール展③-2

【展示3】 金沢市 観法寺須恵器窯跡 
 2001(平成13)年、観法寺町在住の坂野謙志氏が宅地造成工事箇所の掘削排土中から須恵器片を採集したことがきっかけで発見された遺跡です。坂野氏の採集品は、工事箇所脇の斜面にあると考えられる須恵器窯跡から流れ込んだもののようです。胎土の特徴や窯継続期間の短さなどに上記窯跡資料との共通点が見られ、北加賀の7世紀前半代の須恵器生産の様子がうかがわれます。須恵器各種、窯壁片、焼台(置台)などの他、比較資料として各器種の完形に近いもの(他遺跡出土品)などを展示します。

【再掲】第14回 全国城跡等石垣整備調査研究会(金沢大会)の開催について  ※終了しました

下がりすぎてしまったので、上げておきます

【再掲】第14回 全国城跡等石垣整備調査研究会(金沢大会)の開催について
※終了しました

 全国から石垣整備を担う行政担当者・技術者・技能者等が集まり、石垣整備に関する基調講演や事例報告等を通じて、情報を共有し認識を深めます。
 19日・20日の講演・事例報告は県民一般も参加でき(申し込み・参加料不要)、平成28年度城と庭の探究講座「金沢城大学」・「いしかわ県民大学校」教養講座にもなっています。

1 日 時
   平成29年1月19日(木)午後1時30分~午後5時[一般公開]
          20日(金)午前9時~午後4時30分[一般公開]
          21日(土)午前9時~12時

 2 場 所
   19、20日 石川県文教会館ホール(金沢市尾山町10-5)
   21日   金沢城公園

※詳細は下記チラシを参照ください

第14回全国城跡等石垣整備調査研究会チラシweb-1

第14回全国城跡等石垣整備調査研究会チラシweb-2

金沢縄文ワールド企画展「文様の技術」開催中です! ※終了しました

金沢縄文ワールド企画展「文様の技術」開催中です!
※終了しました

 ご案内が遅れましたが、来春3月29日(祝日)まで開催しております。詳細は下記チラシを参照ください。

文様の技術チラシ表

文様の技術チラシ裏

金沢大学文化資源学セミナー 「ハイパー縄紋文化の難点」開催のお知らせ ※終了しました

金沢大学文化資源学セミナー
 「ハイパー縄紋文化の難点」開催のお知らせ

※終了しました


 金沢大学国際文化資源学研究センターは、下記の日程でセミナーを開催します。表題はなかなか難解ですが、縄紋土器型式編年研究に多大な影響を与えた山内清男の批判と受容を通して、改めて縄文文化を考えようとする試みのようです。ご興味がおありの方は是非ご参加ください。

日時:平成28年12月17日(土)
会場:石川県四高記念文化交流館 多目的利用室2


※事前予約不要、入場無料です。詳細は下記チラシを参照ください。

問い合わせ先
吉田 泰幸
Tel : 076-264-5802 E-Mail : yoshi23@staff.kanazawa-u.ac.jp


2016金沢大学文化資源学セミナー

金沢市 金沢城跡(鼠多門・鼠多門橋)現地説明会のご案内 ※終了しました

金沢市 金沢城跡(鼠多門・鼠多門橋)現地説明会のご案内
※終了しました


 金沢城調査研究所が発掘調査を進めています、金沢城跡の鼠多門と鼠多門橋の現地説明会が下記の日程で開催されます。詳細は下記チラシを参照ください。

日時:平成28年11月12日(土)13時30分~15時(受付開始は12時から)
場所:金沢城公園内 鼠多門発掘調査現場


H28鼠多門現地説明会案内
カテゴリ
プロフィール

石川考古学研究会事務局

Author:石川考古学研究会事務局
「石川考古学研究会のブログ」へようこそ!
石考研(いしこうけん)は、加賀・能登の考古学に関する調査・研究や文化財保護活動を推進し、研究者・同好者の親睦を図ることを目的に、1948年より活動している団体です。
趣旨に賛同いただける方であれば、どなたでも入会できます。
総会や例会として、研究会、見学会、講演会、測量・発掘調査等を行い、会誌・会報等の発行、発掘調査報告書の有償頒布も行っています。
(年会費:一般4,500円、学生2,000円)
○問合せ先
石川考古学研究会事務局
住所: 〒920-1336 石川県金沢市中戸町18-1 石川県埋蔵文化財センター内
電話/FAX: 076-229-5528
メールアドレス: ishikouken@po6.nsk.ne.jp

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR